Menu

月別: 2017年6月

上手に服を買う

赤ちゃんが生まれるための準備として、洋服を買い集める事となります。しかしその時にいくつか上手に買い物をするポイントがあるため、事前に覚えておきましょう。まず、ベビー服は買い過ぎないよう注意します。どれも可愛い洋服ばかりで、ついついたくさん買ってしまう人がいるかもしれません。50や60などの小さいサイズは、着られる時期が短いため、費用がかさんでしまいますし、デザイン重視のものを買い集めると、着させづらいです。はじめはシンプルな服をメインとして、足りなくなったら買い足すくらいのイメージが良いでしょう。また出かけることが難しかった場合は、通販サイトを利用をすれば楽になるでしょう。

また、着られる時期が短いために、すべて新品を買い集める必要もありません。お下がりの洋服を周囲からもらうのもコツです。新品の方が良いと考えるかもしれませんが、何度か着用した服の方が、肌触りが硬くなく、優しい事が多いです。赤ちゃんのいる友人や兄妹からおさがりをもらうなど、洋服を無駄にしないような工夫をします。そして、赤ちゃんの服は出来るだけ洗濯しやすく、乾かしやすいものを選びましょう。綿100%がおすすめで、通気性に優れている素材のものを多く用意しておいたほうが洗濯しやすいですし、乾きやすいのでとても便利です。

関連サイト◆Chuckle BABY – 新生児&ベビー服通販◆

月別: 2017年6月

季節を考える

生まれたての新生児は体がしっかり出来上がっていませんので、体温調整をしっかり行えません。そのため、親御さんがしっかりと衣類で調節させてあげる必要があります。そのためには、季節に合わせて衣類を購入します。春や秋などの季節は日中と夜の気温差が大きいです。そのため、肌着と衣類を重ね着させるのが基本です。着脱で体温調節できるよう、複数の衣類を買います。使い勝手の良い肌着を5枚ほど、薄手の衣類を3枚ほど用意しておくと安心です。

夏に生まれる赤ちゃんは、汗をたくさん掻いてしまう事を考えて、多めに服を用意しておきます。肌着の中でも短めのものを7枚ほど用意しておくと、頻繁に取り替えたとしても安心ではないでしょうか。夏の季節は暑いため、肌着一枚で赤ちゃんを寝かせる方もいるかもしれません。しかし、冷房が効いている室内ですと、肌寒さを感じてしまうかもしれませんので、室温に合わせて着脱させてあげましょう。

冬に生まれる赤ちゃんには、暖かい格好をさせたいと考えるかもしれません。しかし、暖房が効いている室内で、無理に厚着をさせるのは避けましょう。春や秋生まれの赤ちゃんと同じくらいの衣類を準備しておくと安心ですが、ベストなどの衣類があるとさらに安心です。

月別: 2017年6月

出産準備でベビー服を買う

出産を控えたご家庭では、様々な準備に追われる事でしょう。その一つとして、ベビー服の用意などがあげられます。当サイトでは、出産準備として必要なポイントについていくつか紹介していきます。

出産準備において、ベビー服の用意は欠かせません。ある程度出産の予定日は推測が立っているでしょうが、基本的には短肌着と長肌着のいずれかを買っておきます。肌着と一口に言いましても、生地の素材には様々な種類がありますので、肌に優しいものをなるべく選んであげるべきです。生まれてすぐの時期に来させる服はもちろんですが、赤ちゃんの成長は非常に早いです。生後三ヶ月など、少し先の事も考えて、やや大きめの服を買っておく事も大切でしょう。

肌着を買ったら次は、その上に着る衣服を用意します。一般的にはツーウェイドレスだったり、ロンパースだったりするものを購入します。ツーウェイドレスは、股下を簡単にボタンで留められるようになっており、足を動かすような時期になったとしても、簡単に着させられます。ロンバースは、上下がつながった衣類の事をいますが、保温性が高い事から、肌寒い季節には用意しておきたいものです。冬の季節に赤ちゃんが生まれるとわかっているのであれば、一着は用意しておきたいところでしょう。また、よだれかけやベビードレス、あるいはスリーパーなどの衣類も用意し始めておきたいです。すぐに使う必要がないものも、早めに購入しておくと、後々に役立ちます。