Menu

季節を考える

0 Comments

生まれたての新生児は体がしっかり出来上がっていませんので、体温調整をしっかり行えません。そのため、親御さんがしっかりと衣類で調節させてあげる必要があります。そのためには、季節に合わせて衣類を購入します。春や秋などの季節は日中と夜の気温差が大きいです。そのため、肌着と衣類を重ね着させるのが基本です。着脱で体温調節できるよう、複数の衣類を買います。使い勝手の良い肌着を5枚ほど、薄手の衣類を3枚ほど用意しておくと安心です。

夏に生まれる赤ちゃんは、汗をたくさん掻いてしまう事を考えて、多めに服を用意しておきます。肌着の中でも短めのものを7枚ほど用意しておくと、頻繁に取り替えたとしても安心ではないでしょうか。夏の季節は暑いため、肌着一枚で赤ちゃんを寝かせる方もいるかもしれません。しかし、冷房が効いている室内ですと、肌寒さを感じてしまうかもしれませんので、室温に合わせて着脱させてあげましょう。

冬に生まれる赤ちゃんには、暖かい格好をさせたいと考えるかもしれません。しかし、暖房が効いている室内で、無理に厚着をさせるのは避けましょう。春や秋生まれの赤ちゃんと同じくらいの衣類を準備しておくと安心ですが、ベストなどの衣類があるとさらに安心です。